産着(別名=初着)とは、どのような物で、どのように使うのですか?

 

お宮参り

お子様が生まれて、男児の場合は31日、女児の場合は33日経ちますと日明き(ひあき)別名 日晴れ(ひばれ)といってお宮参りをいたします。
お母さんやお婆ちゃんが赤ちゃんを抱っこして、その時に羽織っているのが、産着です。

その産着は、100日目の御箸初めの儀式に「お頭(かしら)のめでたい鯛」や「赤飯」を添える時に椅子に座らせて、前から羽織って写真を撮りましょう。
誕生日や節句の時も産着を着せての写真もいいですね。

また、七五三の時も数えの三歳のお祝い着にも、陣羽織や被布を羽織ってのお宮参りをしましょうう。
レンタルではなくて、自前のものよと表示が自らとわかるように、その時その時、お求めの産着を着せて記録写真を撮りましょう。柄が揃っているでしょうと。

oiwa-333

Service

Content

Facebook

Obiya Menu

  • 帯屋の成人式スナップ写真
  • きもの玉手箱
  • きものお手入れ
  • きものと季節
  • スタッフ紹介
  • アンジェスタジオ
  • Bongout ボングウ
  • お問い合わせ