美しい金唐革の世界・・・


「金唐革」とは15世紀ヨーロッパで生まれた箔工芸の粋ともいえる皮革芸術です。

kinnkara3

 

日本には16世紀、将軍への献上品「南蛮渡りの黄金の革」としてオランダより輸入されました。 

kin

江戸時代後期から明治時代にかけて大変重宝され、様々なものに加工され上流社会の大ヒット商品でした。

kinnkara2

現在はヨーロッパでは生産されていないので、本格的な手作りの「金唐革」は日本のみで作られ、幻となっています。

 

丈夫で美しさを保ち、品質変化が起きにくいことから「金唐革」は現在でも珍重されています。

kinnkara

8

博物館や美術館に所蔵される「金唐革」は常設展示されないこともあり、ほとんど見ることができません。

siro

平成26年5月23日(金)~27日(火)まで、下通り帯屋地下1階BONGOUTにて、手にとってじっくりご覧いただける貴重な時間です。

美しい「金唐革」の世界を皆様に・・・。

 



Service

Content

Obiya Menu

  • きもの玉手箱
  • きものお手入れ
  • きものと季節
  • スタッフ紹介
  • アンジェスタジオ
  • Bongout ボングウ
  • お問い合わせ
  • 帯屋の電子カタログ